【和歌山県】津波浸水想定図(南海トラフ)

南海トラフ巨大地震による浸水想定図を掲載しています。

和歌山県では南海トラフの巨大地震等に係る津波浸水・地震被害想定を実施するにあたり、地震・津波防災対策の専門家から、科学的知見に基づいた助言をいただくために「和歌山県地震・津波被害想定検討委員会」(以下「委員会」という。)を平成24年4月に設置して検討を行い、委員会での意見を参考に浸水想定を行いました。

【南海トラフ巨大地震による浸水想定】

・東海・東南海・南海地震の震源域より、さらに広域(日向灘を含む)の震源域で地震が連動した場合の最大クラスの地震のこと。実際に発生したことを示す記録は見つかっておらず、発生頻度は極めて低いが、仮に発生すれば極めて甚大な被害が予想される。

・地震の規模は、Mw9.1。

・巨大地震の津波避難困難地域が存在する12市町それぞれに住民等で構成する「南海トラフ地震津波対策検討協議会」を設置して、具体的に対策を検討することとなっており、協議会に県もアドバイザーとして参加して、対策の早期の策定及び実行を進めている。

データとリソース

追加情報

フィールド
組織 和歌山県
連絡先 和歌山県総務部危機管理局防災企画課
作成者 和歌山県総務部危機管理局防災企画課
作成日 2021-05-19 18:38
最終更新日 2022-10-01 18:28
更新頻度 不定期
言語 日本語
対象地域 和歌山県
公開ウェブページ https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011400/d00153865.html